麻布大学内科学研究室 久末正晴教授からのメッセージ




前回ご紹介した支援募集プロジェクトが
いよいよ本日公開されましたので、再度のご紹介を差し上げます。
何度もご連絡を差し上げて申し訳ございません。

支援募集が【本日から】開始となったため、
クラウドファンディングで重要な
公開初日のタイミングに合わせて
改めてご紹介させていただきます。


※今回ご紹介するプロジェクトや団体と、HACHIとの関係は一切なく、活動のご紹介のみであることをご理解の上、ご覧ください。








人でもステロイドホルモン剤の副作用で苦しむ方は多くいらっしゃいますので、「脱ステロイド」は人の医療における永遠のテーマとされています。私たちの愛する犬や愛も同じです。ステロイドホルモン剤は素晴らしい薬剤である一方で、「脱毛」などをはじめ、副作用に苦しむ犬猫がいることもまた事実です。

そんな「ステロイドの副作用で苦しむ犬猫を救うための新たな治療法の開発」が麻布大学獣医学部内科学研究室 久末正晴教授を中心として進んでいます。久末教授が着目したのは、ある特別な生薬が持つ免疫力を調整する作用「免疫調整機能」です。免疫疾患を患った犬猫の15例のうち【66.7%】の患者で症状の改善や治療薬の大幅な減薬に成功することが出来たそうです。この研究により、犬猫の免疫異常による疾患への新たな光が見えてきました。この治療法が確立されれば、きっと多くのペットたちが副作用の苦痛から解放されることでしょう。
※CAMPFIRE内のプロジェクトページから一部抜粋





本メールは、HACHI公式サイトをご利用時に、メールアドレスをご記入いただいた方、またはメールマガジンにご登録いただいた方を対象にお届けしております。
製品の解約後も、メルマガを停止しない限り、本メールが送信される場合がございますので、あらかじめご了承願います。本メールは送信専用のため、こちらのメールアドレスにご返信いただいてもお問い合わせはお受けできません。
───────────────────

■発行:ハチ オーナーズ デスク
株式会社HACHI
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-6
───────────────────
COPYRIGHT(C)HACHI INC. ALL RIGHTS RESERVED.