おいしい
健康習慣
のために

アニミューン®は幅広い使い方をできるように、ご飯やおやつにまぜやすく、水にも溶かしやすい粉末タイプ。日本国内で製造され、「安心・安全」なヒューマングレードの原材料を使用しています。安全性について詳しくはこちら。

いつもの
お食事に

手のひらにアニミューン®を乗せて、愛犬愛猫の鼻先に差し出してみましょう。弊社モニター調査では、直接手のひらから食べてくれる愛犬愛猫が多く、飼い主さまとの心の距離が縮まる方法の一つとも言えます。

手にとって
直接与える

大好きなおやつと一緒であれば、愛犬愛猫も食べやすく、すすんで食べてくれることが期待できます。

お水やお湯に
溶いて飲ませる

いつもの食事に混ぜてお皿に入れてあげてみましょう。アニミューン®は粉末タイプなので混ぜやすく、色々な食事にも合わせやすくなっています。

大好きな
おやつと一緒に

粉末タイプが苦手な場合は、アニミューン®をお湯や水に溶かしてみましょう。しっかりと溶けたことを確認してから、愛犬愛猫の舌の裏に少量ずつ塗ってあげたり、スポイトで吸って飲ませてあげてください。

食べないときはどうする?

工夫しなくても食べてくれます

アニミューンの袋を開けると近寄ってきて、そのまま食べてくれます!

Kさん・ぽんたくん(ウェルシュ・コーギー)

ドライフードにかけて

最初は食いつきが悪かったですが、だんだん慣れてきたみたいで良かったです。

Kさん・ひかりちゃん (ミックス/猫)

水とまぜて飲ませます

アニミューン®︎をお水とまぜて液状に。スポイトやシリンジ(針の無い注射器)にいれてお口に直接挿し込み飲ませています。

Sさん・むぎちゃん(雑種/猫)

パウチのおやつに混ぜてます

普通の抗生剤などの苦い薬よりは飲みやすそうですよ。

Nさん・くぅちゃん (雑種/猫)

フードと一緒に丸めてお団子に

ウェットフードや粘度のあるおやつと混ぜ合わせてお団子状にすると、食べやすくなってパクリと口にしてくれます。

Kさん・ココちゃん(トイプードル)

オブラートに包んで

一日分のアニミューンをオブラートに包んで飲みやすくします。そのままあげたり、包んだ状態でごはんに混ぜて与えます。

Sさん・太郎ちゃん(ミックス/犬)

牛乳に混ぜて与えています

匂いが少ないのか、嫌がることなく飲んでいます。

Nさん・ハナちゃん (チワワ)

クリームチーズと一緒に

服用薬と一緒にクリームチーズに混ぜて与えています。

Nさん・福呼ちゃん (柴犬)

ソフトタイプのトリーツで

薬やカプセルを包んで与えられるソフトタイプのトリーツと一緒に。くるんと丸めて包み込むと、ニオイに気付かせずに与えることができます。

Tさん・ミルクちゃん(ミニチュアダックス)

お団子にして

アニミューンにお水を数滴混ぜてお団子状にしています。最初は鰹節もかけていましたが、最近はお団子のみでも口の奥に置くとゴックンしてくれます。

Fさん・ぽぽちゃん(スコティッシュフォールド)

鼻や足につけて

食が細いので、ペーストのおやつに混ぜ、鼻や足に塗っておくと舐めています。

Nさん・ミミちゃん(チワックス/犬)

オイルで匂いづけ

獣医師に教えてもらい、うちの子の好きなサーモンの香りの亜麻仁油をかけています。かけるとすぐに全部舐めます。

Mさん・モカちゃん(雑種/猫)

歯磨きペーストと一緒に

歯磨きペーストに混ぜて上顎や歯茎に塗っています。歯もキレイになって一石二鳥です!

Iさん・ぺこちゃん(猫/雑種)

鰹節の袋に入れて匂いづけ

使い終わった鰹節の袋にアニミューンを入れて密封容器に入れています。鰹節の匂いがつくとより喜んで食べます!

Sさん・レオちゃん(サイベリアン)

与える量の目安

与える目安量の表 与える目安量の表 専用スプーンですくってください 専用スプーンですくってください アニミューン®は、獣医師や動物医療従事者の指導に従ってご使用ください。 アニミューン®は、獣医師や動物医療従事者の指導に従ってご使用ください。

はじめの2週間は、体の細胞に「糖鎖」を満たすため、与える量は2倍を目安に増やしてください。体への吸収をよくするため、食事やおやつと一緒に与えることをおすすめします。

上記の表はあくまで目安です。実際に与える量はかかりつけの獣医師の指示に従ってください。


アニミューン®1袋には、スプーン約28杯分が含まれています。

アニミューン®は、獣医師や動物看護師の指示に従ってご使用ください。


アニミューンは粉体のため、スプーンですくった密度により、分量に誤差が生じる場合がございます。専用スプーンでふんわりとすくい、軽く盛って1杯(約0.5g)を目安にご使用ください。

上記の目安を超えて多く与えた場合にも多大な副作用は報告されておりませんが、極端な多量摂取でより実感が高まるということはございません。獣医師の指示に従ってご利用ください。

実感がある
だからリピートする

「実感があるもの」しか、リピートされません。毎日欠かさず3ヶ月与えて、作用を実感したからこそリピーターになっていることがわかります。動物本来の免疫力を維持し、大切な家族の身体を「良い状態」に保つには日々の積み重ねが大切です。忙しくて「あ、買い忘れてた」ということのないように「お得にお届け便」・「約3ヶ月おまとめ便」をぜひご活用ください。大切なご家族の「おいしい健康習慣」を応援します。

アニミューン®は
「毎日欠かさず3ヶ月」与えてから
「続けるかどうか」決めてください。

継続すればするほど
実感しやすい傾向があります

使用期間で比較すると、3か月以上使用継続した犬猫の方が3か月未満の犬猫に比べてより健康維持を実感しやすいという傾向があります。

麻布大学獣医学部が実施:18頭の犬猫にフアイア抽出糖鎖TPG-1を給与し
継続月数による作用実感を比較 (2023年1月現在)

自信があるからこそ勧めます

「約3ヶ月ごとおまとめ便」で節約

ずっと赤ちゃんだと思ってませんか?
犬猫は7歳頃からシニア期と言われます。

大切でかけがえの無い毎日を少しでも長く維持するために。

あなたも、今日から
「おいしい健康習慣」をはじめてみませんか

  • アニミューン®を犬用に購入する
  • アニミューン®を猫用に購入する
  • アニミューン®を犬用に購入する
  • アニミューン®を猫用に購入する

よくある質問

多く与えても良いでしょうか?

量を増やす場合は、体に負担をかけないよう、徐々に増やしてください。急な多量摂取は、体質によっては下痢を起こすことがあります。
なお、かかりつけの獣医師にご相談の上、量を調整いただくことを推奨いたします。

どのような犬猫に与えたら良いですか?

腎臓・肝臓の健康維持や、特に高齢の愛犬愛猫が元気に過ごすために与えることをおすすめしています。

与え始めてからどのくらいで違いがわかりますか?

愛犬愛猫の状態により異なりますが、早くて4週間(1ヶ月)、多くは12~24週間(3~6ヶ月)ぐらいで違いがわかるようです。 最初の2週間を倍量で与えてから、継続して12週間(3ヶ月)、できれば24週間(6ヶ月)は毎日適正量を与えてみることをおすすめします。

他のサプリメントや薬と一緒に与えても良いですか?

アニミューン®︎は食品(サプリメント)ですので、特に一緒に与えてはいけないサプリメントや薬はありません。病気やその他のご心配がある場合は、かかりつけの獣医師にご相談ください。

どのように保存すれば良いでしょうか?

高温多湿を避けて、開封後はしっかりとチャックを閉めて、冷暗所で保管してください。また愛犬愛猫の意図しない摂取やお子様の誤飲防止のため、手の届かない場所で保管してください。冷蔵庫での保管は、温度差による結露の原因となり、品質劣化の原因となる場合がございますのでお控えください。

1日分の量を1度にまとめて与えても問題ありませんか?

一度にまとめて与えても問題ありませんが、栄養素をバランスよく摂取した方が良いので食事を分けて与えているなら、食事と一緒に分けて与えることをおすすめします。
また個体差はありますが、急な多量摂取で、体質によっては下痢を起こすことがあります。ただし、これまで重篤な有害事象の報告はありません。

子犬・子猫に与えても良いですか?

子犬・子猫にも与えても問題ありません。ご心配なようでしたら半量から与え、徐々に量を増やしてください。

アニミューン®の原材料は何ですか?

フアイア菌糸体抽出物、冬虫夏草、玄米(国産)です。